うっかり対策 サポートメモリープレミアムで健康維持!

うっかり対策 サポートメモリープレミアムで健康維持!

株式会社ハピネス

うっかりが気になる方へおススメ!
サポートメモリープレミアムで健康維持!

記憶の老化が気になる!最近忘れっぽい。

認知症にはなりたくない!

そういった方にオススメ!

記憶の栄養素、ホスファチジルセリンでいつまでも健康維持!

加齢にともなって、 すこしずつ減ってきてしまうホスファチジルセリン。

この成分が減少することによって、 記憶力の低下などを引き起こすとも言われています。

摂取して3ヶ月後に記憶力が向上!?

年を重ねても、自分らしくいたい方にオススメの「サポートメモリープレミアム」!

是非オススメして頂ければと思います。



自分で購入して飲まれている方もいますが、家族が親に飲ませたいと購入することも多いです。

忘れっぽくなり、家族に迷惑を掛けたくない方や、 親にいつまでも元気でいて欲しいご家族の方へオススメ頂ければと思います。

老化が気になる サポートメモリープレミアムで健康維持!

◆明日も今日の自分のままで!

私たちの脳は、毎日ずっと働き続けてくれています。眠っている間も休んでばかりはいられません。

生命を維持するためにさまざまな指示を出したり、一日の出来事を整理して記憶に残す作業をしているのでした。

その際にエネルギーとして使われているのが、ブドウ糖と呼ばれる成分です。

寝ている間にほぼ使い果たしてしまうので、健全な脳の働きを保つためには、毎朝きちんと朝食を摂ることから始めましょう。

皆、年齢を重ねても、元気な体と健全な脳の働きが理想です。それには、やはり「予防」を心掛けることが肝心でした。

◆こんな人におすすめ!

 忘れっぽくなり、家族に迷惑を掛けたくない。
 初期のアルツハイマーで、認知症と診断され落ち込んでいる。
 親にいつまでも元気でいて欲しい。旅行や趣味など、たくさん老後を楽しんで貰いたい。
 最近、親の言動が認知症ではないかと気になりだした。

◆ホスファチジルセリンが強力サポート!

記憶の老化が気になる、最近忘れっぽい、認知症にはなりたくない、など、なかなか人には言えない漠然とした不安をかかえて悩んでいませんか。

大豆に含まれる脳の栄養成分「ホスファチジルセリン」が、その予防に役立つと、今、各方面から大注目されています。

ホスファチジルセリンは、もともと脳の中に存在している成分。しかし、加齢にともなって少しずつ減少してしまうのです。

この成分が減少することによって、記憶力の低下などを引き起こすことが分かって来ました。

脳や記憶の栄養素ホスファチジルセリンを効率良く補って、いつまでも脳を若々しく健康的に維持していきましょう。

◆発売記念キャンペー!

今なら、約1か月分通常価格12,960円を、初回限定で半額の6,480円(税込)【送料無料】でお試しできます。

認知症と痴呆症

認知症とは、一定の症状をさしており、認知症や痴呆症と言う病気があるわけではありません。

また、両者は同じ症状を言い表していて、以前は痴呆症と称していたものが、近年では認知症と言い換えられるようになったのでした。

これは、痴呆と呼ぶことがボケと言うイメージに繋がり、極めて差別的であるとの批判が高まったことによるものです。

痴呆と言う言葉には「愚か」と言う意味が含まれていて、頭の働きの鈍さや未熟な状態、通常の人より劣っているなどの侮蔑的な偏見へと繋がってしまいます。

患者や家族の尊厳を護るため、2004年に厚生労働省が検討会を開いて、痴呆症と言う表現を認知症に改めたのでした。日本医師会も、これを遵守するよう指導を続けています。

では、認知症とは一体どんな症状を言うのでしょうか?

厚生労働省の定義としては、『後天的な脳の病気により、正常に発達した知的機能が全般的かつ持続的に低下し、日常生活に支障を生じた状態』となっています。

つまり、成長過程で獲得され知識や発達した知能が,何らかの理由で大脳に障害が起こることで、次第に失われてしまう状態をさしているのです。

老齢となるために発症するものや、事故などによる頭部の損傷、精神疾患や進行性のマヒ、あるいはてんかんやアルコール・薬物依存などが引き起こす場合もあります。

認知症は、軽度の記憶障害から始まります。たびたび約束事を忘れる、たびたび物を紛失する、同じレンタルビデオばかり借りてくる、財布の中が小銭で一杯になってしまう、などなど、とても「うっかり」とは言いきれない状態でした。

◆こんなことに思い当たれば要注意かも知れません。

 食品の賞味期限や消費期限を気にしなくなった。
 夜中に起き出して、寝間着のまま外出しようとした。
 失禁したことに気付かない。
 早朝に病院へ行って、昼前に再び同じ病院へ行ったことがある。または、食前に飲んだ薬を食後にも飲んでしまった。
 家の中に他人がいるなどと騒ぎ立てる。あるいは聞こえないはずの音が聞こえている。
 同じ話を繰り返したり、何回も同じ作業をする。
 食べ物以外に興味がなくなった。何ごとも面倒くさがって、うたた寝ばかりしている。
 些細なことで怒りやすくなった。
 疑い深く、私物やお金を盗まれたと考えるようになった。
 報道番組や新聞記事など、専門的な話をさけるようになった。

認知症は、脳全体が委縮するアルツハイマー病や、脳内出血、脳梗塞などの病気によって起こる症状のことです。

以前は、家族以外に知られることを怖れて、結果的に「早期発見・早期治療」と言う最善の選択肢を遠ざけて来ました。

本人が向き合う姿勢と共に、家族がサポートする環境が大切と言えるでしょう。

ホスファチジルセリンとは?

ホスファチジルセリンとは、脳の細胞膜を形成するリン脂質の10%ほどを占める成分で、DHAを含んでいることが知られています。

脳内の血の流れを良くして、記憶細胞同士の情報交換をサポートしてくれています。近年では“脳の栄養”とまで言われている成分なのでした。

ホスファチジルセリンは、植物や動物の細胞を被うリン脂質の一種で、アミノ酸のリン酸塩「セリン」と脂肪酸が結び付いた状態です。

最新技術によって、大豆からは大量に抽出できるようになりました。

私たちの体の細胞にあるホスファチジルセリンは極めて微量です。全てのリン脂質に対して3%ほどしかありません。

しかし、脳の細胞膜や神経細胞だけで見てみると、前述のようにその割合が10%にもなるのでした。脳の働きには欠かせない成分なのです。

また、植物や動物の細胞に含まれるホスファチジルセリンもわずかであるため、不足した分を食品だけで補うのは難しいと言わざるを得ません。

サプリメントなどで経口摂取するしかないでしょう。

体内に摂取されたホスファチジルセリンは、30分ほどで血液に吸収され、肝臓へ運ばれた後に脳へと届きます。脳の細胞膜だけではなくて、神経細胞の生成や維持、回復などにも深く関わっているのでした。

トレハロースとは?

トレハロースは非還元性二糖類の一種です。植物やきのこ類、エビや酵母、昆虫などに存在する天然の糖質で、強い甘みがあって、お菓子類などの食品添加物として広く利用されて来ました。

又、生体の細胞を乾燥や凍結などの厳しい自然環境から護るために、高い保湿機能を有しているのです。

近年では化粧品や入浴剤、サプリメントへの応用が進むなど、多くの可能性を秘めた期待の成分なのでした。

植物では、イワヒバやひまわりの種、海藻類などにも含まれています。

きのこ類としては、シイタケ、マイタケ、ナメコなどに多く含まれ、イースト菌などの酵母や微生物にも存在しています。

しかし、何と言ってもトレハロースの特性を十分に活かしているのが、バッタやハチ、イナゴなどの飛翔する昆虫たちでしょう。

体液中のトレハロースをトレハラーゼと言う分解酵素でブドウ糖(グルコース)に変え、あの目にも止まらぬ羽ばたきのエネルギー源としているのです。

人間は、自らトレハロースを生成することは出来ません。

さりながら、経口摂取したものを分解して、脳や体に有益なブドウ糖として吸収することはできるのでした。

砂漠に生きるクマムシは、極度の乾燥した環境におかれると、体内のブドウ糖をトレハロースに変えて、乾眠(かんみん)と言う状態に入ります。

再び水分を得ればブドウ糖に戻し、何食わぬ顔で活動を始めるのでした。この他にも、多くの昆虫の卵や幼虫が、トレハロースを活用することで、大自然の過酷な環境を生き抜いています。

マルトデキストリンとは?

マルトデキストリン(MD)とは、食品添加物として用いられるデンプンを加水分解した多糖(炭水化物の一種)です。

乾燥させた製品は白い粉末をしています。消化・吸収にすぐれ、ブドウ糖と麦芽糖に分解され体内に摂り込まれるので、筋トレやスポーツ前後の速効性のあるエネルギー源として愛用されるようになりました。

また、集中力を高めてくれる効果があることでも知られています。 他の炭水化物と比較しても、低カロリーで血糖値は緩やかにしか上昇しません。わずかな甘みがあります。

臭いはありません。イライラを防ぐ効果もあるるとされていますから、認知症予防や症状緩和に大きな期待をいだかせる成分なのでした。

このページからも『サポートメモリープレミアム』オフィシャルサイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎的な知識を参考に、初めてでも安心なさらなる嬉しい情報を是非じっくりとご覧になってみて下さい。



株式会社ハピネス サポートメモリープレミアムのご案内